MMDモデル作成用覚書【超初心者】

超初心者向けモデル作成覚書
 
RECENT COMMENT
記事一覧
【 目次 】

1.目次またはトップ


【 基本色々 】

1.はじめまして
2.作業の流れ
3.使用ソフト
4.作業環境
5.3Dとはなんぞや


【 参考 】

1.参考図書
2.参考リンク


【 下絵作成 】

1.モデリングの前に元絵の用意
2.下絵を作成
3.体の下絵と見本作成


【 メタセコ使用方法 】

1.メタセコイア初期設定他
2.既存モデルをメタセコイアで
表示するには?

3.既存モデルと並べたい
4.メタセコのバージョンについて


【 モデリング 】

1.モデリングの方法色々
2.見本の作成
3.顔のモデリング
4.目・眉毛・まつげを作る
5.口の中を作る
6.耳の作成
7.髪の毛の作成
8.首の作成
9.脚、胴体、腰、足の作成
10.手の作成
11.服の作成
12.モデルのおかしいところ直していく


【 テクスチャ 】

1.簡単なテクスチャを作る
2.PMDエディタで材質の設定
3.スフィアマップを使ってみる
4.材質の色設定を考える
5.平面マッピングとUV
6.toonを自作してみる
7.テクスチャ表示されない問題
8.UV展開(焼き込み)をしてみる
9.UV展開を進める



【 骨・ウェイトの設定 】

1.モデルから骨だけ抜き出す
2.骨とモデルの位置合わせ
3.シンプルなウェイト塗り
4.まばたきを作ってみる
5.瞳星モーフを作る
6.瞳の色変化モーフを作る
7.ウエイトをもっと詳しく
8.脚のIKが荒ぶる


【 物理演算 】

1.前髪の物理演算を設定してみよう
リンク
カッコ内は当方の作業環境です。

MikuMikuDance
(MikuMikuDance 7.39ver)
3DCG動画作成ツール


PMDエディタ
(PMDエディタ 0.1.3.9)
モデル作成支援ツール


MQOPlugin
トップページ⇒PMDエディタ⇒PMDエディタ用プラグイン⇒MQOPlugin
pmdファイルからmqoファイルへ変換支援プラグイン

Metasequoia
(MetasequoiaLE R3.0)
モデリングソフト


FireAlpaca (FireAlpaca ver1.0.46)
ペイントソフト




amazonにリンク繋いでおいてなんですが、
是非お近くの書店でお買い求め下さい。

新 メタセコイアからはじめよう!
3Dの基礎等初心者向き

キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2
モデリングの参考に

ローポリ スーパーテクニック
モデリングの参考に

PさんのためのPMDエディタの本
ボーンや物理演算などの参考に





CLIP | 創作活動応援サイト
トップページ⇒使い方講座⇒「Metasequoia 使い方講座」⇒3Dでキャラクターを作ってみよう!


メタセコイア初心者講座 - KT爺メタセコイア指南書


stray★star
入り口⇒トップページ⇒MMD用自作データ置き場⇒無料ソフトのみでPMDモデル作成


VPVP wiki
トップページ⇒モデルデータ作成までの流れ


【MikuMikuDance】踊る自作モデル(PMD)作成の基礎


ゆっくり実況モデリング


【3DCG】メタセコでファンタジー風キャラを作ってみる part3

プロフィール

    ・Twetter(ブログ更新確認用)
PR
 
【  スポンサーサイト  】

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
【   テクスチャ表示されない問題  】

モデリング初心者なら誰しも1回は通った事のあると思う
何故かテクスチャが表示出来ない」問題を解説していきます。





テクスチャ表示出来ない問題にぶち当たった事のない方には全然関係ない記事なので読み飛ばしてOKです。





かなり長い事悩まされていたので、今リアルに悩んでいる方のお助けになればと思いました。






メタセコではテクスチャが表示されるのに、PMDエディタでは表示されない方向けです。


メタセコでもテクスチャが表示されないのはちょっとよく分かりませんが、オブジェクトに鍵が掛かっている可能性があるのでは??








まずはPMDエディタでこの記事【モデルから骨だけ抜き出す】の様に、あにまささんのミクさんを骨だけの状態にしました。












「ファイル」⇒「インポート」でmqoファイルかxファイルを追加します。






xファイルなら1倍で良いと思います。










【MQOPlugin】を入れておくとmqoファイルがインポート出来て便利なのでお勧めです。


ダウンロード先
http://www6.atwiki.jp/vpvpwiki/
「VPVP wiki」


トップページ⇒PMDエディタ⇒PMDエディタ用プラグイン⇒MQOPlugin







インポートしたらこんな感じになったと思います。









PMDファイルかPMXファイルを、元のメタセコファイルがあるフォルダと同じフォルダに名前をつけて保存する。


一回終了させて、作成したモデルを読み込んでみる。




これで解決したらOKです。



















それでも解決しない場合は、材質のタブを開いて確認してみます。







失敗しやすい例としてこんな状態のものがあります。







CドライブのMMDフォルダの見本くんフォルダのtexフォルダの画像を指定しています。



こうすると、「見本くん」フォルダを「見本くん完成」フォルダに名前を変更するだけでテクスチャが表示されなくなってしまいます。






あと、自分のパソコンだけで作業するのなら良いのですが、他のパソコンに移したときに、Cドライブに入るかどうかも分からないので、この様な指定は避けるべきです。




テクスチャの画像は一まとめにして画像フォルダを作ってその中に入れてしまう、という人も多いと思います。





MMDフォルダの中にeye.png画像ファイルがあれば、
PMDエディタのテクスチャのファイル名は「eye.png」になります。





MMDフォルダの中にモデルファイルを入れて、更にtexフォルダの中にeye.png画像ファイルを入れているのであれば、テクスチャの指定は「tex¥eye.png」になります。

※画像では「絶対表示」とか「相対表示」とか言ってますけど「絶対パス」「相対パス」が正しいですよ








フォルダ指定とかよく分からない、という方は、
材質タブで直したい材質をクリックして、「テクスチャ/メモ」の中のTex:の隣の水色の四角をクリックして指定します。









Texview - テクスチャ という画面が出たら、左上の「ファイル」⇒「テクスチャ読込」


読み込みたい画像ファイルを選択します。

※ここでうっかりデスクトップの画像ファイルとか指定せずに、同じフォルダか、それより下層のフォルダの画像を指定してください











右上の「変更」ボタンを押すと「現在のテクスチャへ変更してもよろしいですか?」と出てくるので「はい」





Texviewを×で消してモデルを確認してみます。

上手く指定出来ましたでしょうか?






ちなみにPMDファイルとPMXファイルではテクスチャの仕様に差があるみたいです。
PMDファイルだと、日本語が入っているとダメだったり、文字数が多すぎてもエラーが出たりするそうです。

VPVP wiki > MikuMikuDance > PMXの概要  
http://mmd-tb.jugem.jp/?eid=14






これで解決出来なかったら近くのパソコンが詳しい人に聞いてみてください!以上!!
 
12:45 | comments(0) | - | - |
【  スポンサーサイト  】
12:45 | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.