MMDモデル作成用覚書【超初心者】

超初心者向けモデル作成覚書
 
RECENT COMMENT
記事一覧
【 目次 】

1.目次またはトップ


【 基本色々 】

1.はじめまして
2.作業の流れ
3.使用ソフト
4.作業環境
5.3Dとはなんぞや


【 参考 】

1.参考図書
2.参考リンク


【 下絵作成 】

1.モデリングの前に元絵の用意
2.下絵を作成
3.体の下絵と見本作成


【 メタセコ使用方法 】

1.メタセコイア初期設定他
2.既存モデルをメタセコイアで
表示するには?

3.既存モデルと並べたい
4.メタセコのバージョンについて


【 モデリング 】

1.モデリングの方法色々
2.見本の作成
3.顔のモデリング
4.目・眉毛・まつげを作る
5.口の中を作る
6.耳の作成
7.髪の毛の作成
8.首の作成
9.脚、胴体、腰、足の作成
10.手の作成
11.服の作成
12.モデルのおかしいところ直していく


【 テクスチャ 】

1.簡単なテクスチャを作る
2.PMDエディタで材質の設定
3.スフィアマップを使ってみる
4.材質の色設定を考える
5.平面マッピングとUV
6.toonを自作してみる
7.テクスチャ表示されない問題
8.UV展開(焼き込み)をしてみる
9.UV展開を進める



【 骨・ウェイトの設定 】

1.モデルから骨だけ抜き出す
2.骨とモデルの位置合わせ
3.シンプルなウェイト塗り
4.まばたきを作ってみる
5.瞳星モーフを作る
6.瞳の色変化モーフを作る
7.ウエイトをもっと詳しく
8.脚のIKが荒ぶる


【 物理演算 】

1.前髪の物理演算を設定してみよう
リンク
カッコ内は当方の作業環境です。

MikuMikuDance
(MikuMikuDance 7.39ver)
3DCG動画作成ツール


PMDエディタ
(PMDエディタ 0.1.3.9)
モデル作成支援ツール


MQOPlugin
トップページ⇒PMDエディタ⇒PMDエディタ用プラグイン⇒MQOPlugin
pmdファイルからmqoファイルへ変換支援プラグイン

Metasequoia
(MetasequoiaLE R3.0)
モデリングソフト


FireAlpaca (FireAlpaca ver1.0.46)
ペイントソフト




amazonにリンク繋いでおいてなんですが、
是非お近くの書店でお買い求め下さい。

新 メタセコイアからはじめよう!
3Dの基礎等初心者向き

キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2
モデリングの参考に

ローポリ スーパーテクニック
モデリングの参考に

PさんのためのPMDエディタの本
ボーンや物理演算などの参考に





CLIP | 創作活動応援サイト
トップページ⇒使い方講座⇒「Metasequoia 使い方講座」⇒3Dでキャラクターを作ってみよう!


メタセコイア初心者講座 - KT爺メタセコイア指南書


stray★star
入り口⇒トップページ⇒MMD用自作データ置き場⇒無料ソフトのみでPMDモデル作成


VPVP wiki
トップページ⇒モデルデータ作成までの流れ


【MikuMikuDance】踊る自作モデル(PMD)作成の基礎


ゆっくり実況モデリング


【3DCG】メタセコでファンタジー風キャラを作ってみる part3

プロフィール

    ・Twetter(ブログ更新確認用)
PR
 
【  スポンサーサイト  】

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
【  作成の流れ  】
最初は何をしたら良いのか、何を用意したらいけないのかから分からないので、私の手順を挙げていきます。


その1 ◆顔の正面と横顔の画像を用意する

その2 ◆出来るなら全身の正面・側面の画像を用意する

その3 ◆画像を元にメタセコイアでモデルの形を作る

その4 ◆必要ならメタセコイアや画像編集ソフトで顔の陰や服の模様を塗る(後でも出来るから必須ではない

その5 ◆メタセコイアでxファイルとして保存

その6 ◆PMDエディタで、ミクさんモデルの骨だけを抜き出す

その7 ◆PMDエディタで、抜き出した骨だけファイルとメタセコイアで作ったxファイルを重ねて骨の位置あわせしてからPMDファイルとして保存

その8 ◆骨と体をくっつけるウェイト塗り作業(ここで心が折れて妥協と完璧との間で葛藤する

その9 ◆メタセコイアやPMDエディタでまばたきなどの表情モーフを作る

その10 ◆スフィアやテクスチャなどを画像編集ソフトで作ってPMDエディタで設定する(肌や服や髪の材質がキラキラになったりする

その11 ◆剛球とジョイントで物理演算出来るモデルにする

その12 ◆MMDで踊らせてみる



こんな感じです。
ウェイト塗りが終わってればとりあえずはモデルとして成り立っているので、クオリティを求めるならスフィアや物理演算を頑張る感じです。


作成ファイルで説明するなら

その1 ◆画像編集ソフトでpngファイルやjpgファイルやbmpファイルを作る(下絵になる)
その3 ◆モデリングソフトで画像ファイルを読み込み⇒mqoファイルで仮保存(3Dファイル)
     ◆PMDエディタで参考にしたいモデルをエクスポートしてobjファイルで保存(参考用3Dファイル)
その5 ◆モデリングソフトで仮保存したmqoファイルにobjファイルを追加して好きなモデルを横に並べて参考にしながら作業⇒xファイル(3Dファイル)
その6 ◆PMDエディタで好きなモデルを骨だけ抜き取る⇒pmdファイルで別名保存(MMDモデルファイル)
その7 ◆PMDエディタで、さっき作ったpmdファイルにxファイルをインポートで追加⇒pmdファイルで上書き保存(MMDモデルファイル)

こんな感じでしょうか。
説明が分かりにくくてすみません。
20:13 | comments(0) | - | - |
【  スポンサーサイト  】
20:13 | - | - | - |
コメント
コメントする









 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.